文字サイズ

巨人・菅野 プロ初の屈辱…初回先頭打者菊池に、誠也に被弾!復帰登板も初星お預け

 「広島2-0巨人」(9日、マツダスタジアム)

 出ばなをくじかれた。先発した巨人・菅野が7回4安打2失点で今季初黒星。「脚の違和感」で出場選手登録を抹消されてから最短で復帰を果たしたが、初回に先頭打者弾を含む痛恨の2本塁打を浴びた。

 まさかの光景だった。初回、1番・菊池涼の打球は左中間席へ飛び込んだ。スタンドが盛り上がりをみせる中、さらに2死から鈴木誠にも一発を浴びた。エースが初回に先頭打者アーチを含む2本塁打を浴びたのは、プロ入り初だ。

 それでも気落ちすることなく先発の役割を果たした菅野。2点ビハインドの六回、2死二塁のピンチを切り抜けると、七回1死三塁のピンチも無失点でしのいだ。初回の投球を「久しぶりの登板で最初バタバタしてしまいましたが」と振り返りつつ、「開幕戦よりはいい投球ができたと思うので、また次につながると思います」と前を向いた。

 原監督は「一発は食らいましたけど、まあいい感じだと思いますね。粘りも出てきているしね」と評価。炭谷とのコンビは約1年半ぶりとなったが「彼はそういう意味じゃ、お互いを選ぶような人じゃないからね」と信頼を寄せた。コロナ禍で主力を欠く打線が奮起せず、チームは勝率5割で3位に転落。それでも帰ってきたエースを軸に巻き返していく。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス