文字サイズ

オリックス快勝 山本由伸が5点の援護受け2勝目「本当に助かりました」7回1失点

5回ロッテ2死一塁、荻野貴司を三振に仕留めガッツポーズを決めるオリックス・山本由伸=ZOZOマリン(撮影・開出牧)
今季2勝目を挙げガッツポーズを決めるオリックス・山本由伸=ZOZOマリン(撮影・開出牧)
2枚

 「ロッテ1-5オリックス」(8日、ZOZOマリンスタジアム)

 オリックスの投打がかみ合った。序盤に杉本の1号2ランなどで5得点し、先発の山本が7回をレアードの2号ソロのみの1失点で投げて連敗を免れた。ただ、チーム安打数は9で、チームのワースト記録を更新する開幕から12試合連続の2桁安打なしとなった。

 初回に吉田正の内野ゴロの間に1点を先制。二回に杉本の2ランが出た。レアードの一発で2点差にされた直後の三回には頓宮が2点適時打。九回を代表する投手の山本に5点をプレゼントした。

 山本も本塁打を許した後は得点を許さず。7回1失点、被安打は6、8つの三振を奪った。前回登板で完封したソフトバンク戦に続く白星で今季2勝目を挙げた。

 ヒーローインタビューでは、「ほぼ毎イニング、ランナーを出してしまってテンポが悪くなったんですけど」(実際は四回、六回は三者凡退)と反省していたが、七回の2死一、二塁で角中を見逃し三振に斬るなど、要所を締めるのは流石。5点の援護には「本当に助かりました」と感謝していた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス