文字サイズ

花咲徳栄野球部の元主将に懲役5年

 千葉県八街市の住宅に押し入り住人夫婦にけがを負わせたとして、強盗致傷などの罪に問われた埼玉・花咲徳栄野球部の元主将千丸剛被告(21)=東京都町田市=ら男4人の裁判員裁判で、千葉地裁(坂田威一郎裁判長)は4日、千丸被告に懲役5年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。

 判決によると、千丸被告ら4人は2019年4月26日夜、共謀して八街市内で車のナンバープレートを盗み、同市の住宅に侵入。住人の男性の頭をバールで殴り、男性の妻を粘着テープで縛るなどしてけがを負わせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス