文字サイズ

巨人・原監督「可能性を高く持っている」ドラ1平内ら3選手キャンプ1軍も

 巨人・原辰徳監督(62)が14日、川崎市内での新人合同自主トレを視察後、リモート取材に応じた。

 指揮官はドラフト1位・平内龍太投手(亜大)、同4位・伊藤優輔投手(三菱パワー)、同6位・山本一輝投手(中京大)を宮崎でのキャンプで1軍スタートさせる可能性を示した。キャッチボールなどを確認し「1軍からスタートできる可能性を高く持っている選手だなと思っています」と明言した。

 1年目のメンタル面については、目標設定やチャレンジ精神を持つことが重要だとした上で原監督流の“ゲキ”を飛ばした。「プロ野球というのは上には上がいる、厳しい世界ではあるけれども。限界を超えたところにプロの世界はあるんだと。限界を限界と思わずに当たり前だと。そういうプロとしての自覚を、しっかり植え付けてもらって。そういう気持ちがなくなったんであるならば、プロとして野球をやる資格はないというところでしょうね」。プロとしての大きな第一歩を踏み出した若武者たちを“激励”した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス