文字サイズ

センバツ 入場行進曲は昨春聴けなかった「パプリカ」に

 日本高野連は13日、リモート形式で3月19日開幕予定の「第93回選抜高校野球大会」の運営委員会を開き、有観客で開催準備を進めていくと発表した。この日までに首都圏に加え、甲子園のある兵庫県を含めた7府県にも緊急事態宣言が発令されたが、新型コロナウイルスの感染対策を徹底していくとした。

 今春センバツは“ウィズ・コロナ”での大会様式を進めていく。出場32校を決める選考委員会は29日にリモートで実施。吉報が届いたチームの調整を考慮し、3月12日に予定されていた組み合わせ抽選会は同じくリモートで2月23日に前倒しされる。

 甲子園練習は実施しない。開会式では全校による入場行進は行わないが、大会主催者は「高校野球が阪神甲子園球場に帰ってくるという意味を込め」、中止となった昨春の第92回大会に続いて「パプリカ」を入場行進曲に採用。感染症対策費用へ充てることなどを理由に入場料金も改定し、従来より増額される。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス