文字サイズ

センバツ 明治神宮枠の代替案として21世紀枠3→4校に

 日本高野連は13日、リモート形式で3月19日開幕予定の「第93回選抜高校野球大会」の運営委員会を開き、有観客で開催準備を進めていくと発表した。この日までに首都圏に加え、甲子園のある兵庫県を含めた7府県にも緊急事態宣言が発令されたが、新型コロナウイルスの感染対策を徹底していくとした。

 昨秋の明治神宮大会が新型コロナウイルスの影響で中止となったことに伴い、今春センバツにおける明治神宮枠の扱いについて協議され、代替案として21世紀枠を3校から4校に増枠することを決めた。4枠となるのは記念大会だった13年以来8年ぶり。各地区の候補9校のうち、東西からそれぞれ1校ずつ選出した後、残ったチームから2校を決める。

 小倉事務局長が「慎重に今日まで議論して参りました」と説明したように、一般枠を増やすなど複数の案が挙がっていたという。ただ、1つの地区のみ増枠させると不公平さが拭えなくなることから、大会主催者は「全国の球児や高校野球ファンを勇気づけることにつながる」とコロナ禍に負けず、創意工夫を凝らしてきた同枠の候補校に光を当てる決断を下した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス