文字サイズ

桑田真澄氏「指導者のエースに」15年ぶり巨人復帰 投手陣にイズム注入だ!

 巨人は12日、球団OBの桑田真澄氏(52)が、1軍の投手チーフコーチ補佐に就任したことを発表した。昨年12月に今季の組閣を発表し、年明け1月に入っての大物コーチ招聘(しょうへい)は超異例。レジェンドは、恩師の故・藤田元司氏(元巨人監督)と同じ背番号73を背負い、指導者のエースになると誓った。

 電撃的な入閣だった。現役時代に巨人を退団した06年以来、実に15年ぶりとなる古巣復帰。原監督とともにリモート取材に応じた桑田氏の表情は、晴れやかだった。

 「大変やりがいのあるお話をいただきました。巨人軍OBの一人として、少しでも力になりたいとお受けしました」。現役時代と同じ淡々とした口調ながらも、十分な熱意が伝わってきた。

 年明けに原監督から直接、要請を受けた。「本当にうれしかった。その一言につきます」。ポストは1軍投手チーフコーチ補佐。現役時代に同僚だった宮本投手チーフコーチを支える役割だ。プロ野球で指導者を務めるのは初だけに「まずは選手の顔や名前を覚える。特徴や個性を洗い出してインプットしたい」との考えを示した。

 運命の糸に導かれたようだった。背番号は73で、恩師の故・藤田元司氏(元巨人監督)と同じ番号。偶然、空き番号だった。「藤田さんに恥じないように。指導者としてエースになれるように」と熱い胸の内を明かした。

 巨人の注目選手については「全ての選手に、まだまだチャンスはあると思っている」と期待した桑田氏。球界屈指の投球理論を持つ名投手の“イズム”を、巨人投手陣に注入する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス