文字サイズ

ソフトバンク・周東が日本シリーズ初盗塁 巨人バッテリーの厳重警戒かいくぐり

 8回、二盗を決める周東(撮影・高石航平)
 8回、周東が二盗。大城はボールが手につかず(撮影・金田祐二)
 8回、二盗を決める周東(撮影・金田祐二)
3枚

 「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンク・周東が日本シリーズ初盗塁を決めた。

 八回、先頭打者として四球を選び、この日初めての出塁。再三けん制するなど巨人バッテリーが警戒する中、次打者・中村の6球目にスタートを切ると、慌てた捕手の大城がボールつかみ損ねて二塁を陥れた。捕っていても完全セーフのタイミングで、50盗塁とパ・リーグ盗塁王の貫禄を見せつけた。

 さらにこの後、中村の左前打で貴重な5点目のホームを踏んだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス