文字サイズ

巨人・菅野が東京ドームMVP賞「狭いドームで好成績を残せるのは誇り」

東京ドームMVP賞の喜びを語る巨人・菅野智之=東京ドーム(撮影・金田祐二)
東京ドームMVP賞に笑顔の巨人・菅野智之=東京ドーム(撮影・金田祐二)
2枚

 巨人の菅野智之投手(31)が17日、2020年度の東京ドームMVP賞を受賞し、東京ドームでの表彰式に参加した。

 東京ドームMVP賞は東京ドームをフランチャイズとする読売巨人軍の中から、東京ドームの公式戦で最も顕著な活躍をした選手に贈られるもので、受賞者には株式会社東京ドームから賞金300万円が贈呈される。菅野は2年ぶり4度目の受賞。松井秀喜、阿部慎之助、坂本勇人を抜いて、歴代最多となった。

 右腕は「選んでいただき本当にありがとうございます。自分自身も東京ドームで結果を残すっていうのは一つの目標ですし、子どもの頃は憧れて通っていた東京ドームなので、凄く思い入れの深いこの東京ドームMVPっていう賞です」とコメント。

 さらに「こんなこといったらあれかもしれないですけど、この狭い東京ドームでこういう好成績を残せるっていうのは、誇りに思ってます。もう今年は東京ドームでの試合はないですけど、凄く思い入れの深い球場です。本日はありがとうございました」と喜びをかみしめていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス