文字サイズ

中日、連敗6で止めた 木下拓が3安打2打点 打線が救援陣救う

 「中日7-5DeNA」(3日、ナゴヤドーム)

 勝利の方程式を打線が救った。3安打2打点の中日・木下拓は「中継ぎのピッチャーが頑張っている。何とか1点をと思った」。捕手として疲れを感じ取っていただけに、思いをバットに込めた。

 場面は3点リードの六回だ。「ホームランを狙った訳ではなく、(投手の)福谷さんまで回して終わらそう」と内角寄りのボールを振り抜き、左翼席に6号ソロを運んだ。

 1点差に迫られた八回も適時打。先週は救援陣の乱調が響き6連敗と失速。この日も七回途中で降板した福谷が残した走者を谷元がかえしてしまい、八回は福も失点した。

 それでも中盤以降に打線が奮起。DeNAとの差を1・5へ広げ、与田監督は「一つでも順位を上げたいという思いは変わらない」と8年ぶりのAクラス入りを見据えた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス