文字サイズ

ソフトバンク・周東が9試合連続盗塁 プロ野球記録まであと2

 「ソフトバンク-西武」(25日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの周東佑京内野手が初回から二盗を決めて、9試合連続盗塁をマーク。プロ野球記録にあと2つと迫った。

 1番打者でスタメン出場した周東は、中前打で出塁。続く2番・中村晃の4球目にスタートを切った。西武バッテリーは直前に牽制球を入れるなど警戒をしていたが、西武捕手の岡田は送球すらできなかった。

 周東は今季45盗塁目。なお、連続試合盗塁のプロ野球記録は福本豊(阪急)が71年と74年にマークした11試合となっている。

 そして、二塁に進んだ周東は3番の柳田の中前適時打で先制のホームを踏んだ。また、この打球を西武中堅手の金子が後逸。その間に柳田はダイヤモンドを全力疾走で一周して本塁も駆け抜けた(記録は中前適時打と中堅手の失策)。

 マジック3としているソフトバンクが幸先よく2点を先制した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス