文字サイズ

DeNA・ラミレス監督 今季限りで退任 後任は三浦大輔2軍監督が有力

 「DeNA2-0広島」(23日、横浜スタジアム)

 DeNAのアレックス・ラミレス監督(46)が今季限りで退任することが23日、分かった。就任5年目の今季はここまで50勝52敗5分け、借金2の4位。この日、巨人が阪神に勝利したことで、DeNAのリーグ優勝の可能性は完全消滅した。後任には三浦大輔2軍監督(46)が有力視されている。

 広島に2-0で勝利したが、巨人が阪神に勝ったため優勝の可能性が完全消滅。ラミレス監督が就任5年目の今季限りで退任することが明らかになった。指揮官は「もちろん、優勝するチームは一つで、それを逃した。これはリーグ戦で起こり得ること。いい準備をしてシーズンに臨みましたが、残念ながら優勝できなかった」と悔しさをにじませた。

 「デー・バイ・デーベースボール」をテーマに掲げ、日々柔軟に変化させていく采配を振るったが結果につながらなかった。開幕投手を務めたエース今永は左肩違和感で8月に戦線離脱。守護神・山崎は不振に苦しむなど主力が力を発揮できなかった。チーム打率リーグトップで一発の破壊力もある打線は、シーズンを通して残塁に悩まされた。

 一方、実績のなかった佐野を今季から4番と主将に抜てきし、活躍に導いた。「素晴らしい成績を残している人もいるし、今年大ブレークした選手もいる」と手応えを感じている部分もある。

 今季は残り13試合。ラミレス監督は「まだ2位の可能性はあるので、プランBで次の目標に向かって頑張っていきたい」と力を込めた。過去4年でAクラス入り3度ながら、頂点には届かなかった。優勝の夢は、後任に有力視されている三浦2軍監督に託す。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス