文字サイズ

オリックス・左沢、コロナ陽性 1軍に接触者おらず試合は予定通り開催

 オリックスは23日、左沢優投手(25)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。

 左沢は20日午後6時ごろに発熱を訴え、21日に大阪市内の病院を受診。抗原検査、血液検査で陰性と判定された。念のためこの日、PCR検査を受けたところ、陽性と判定された。

 これを受け、球団ではNPBとソフトバンクに説明し、1軍に帯同している監督、コーチ、選手、スタッフと接触がないことから、24日の1軍の試合は予定通り行うことになった。

 左沢は18日からの2軍福岡遠征には帯同しておらず、大阪市・舞洲の球団施設で練習に参加。この間に外出、外食などへの参加はないという。

 2軍の首脳陣、選手、スタッフは22日にPCR検査を受けており、24日午後に検査結果が判明する予定で、球団は全員に自宅待機を指示した。

 また、保健所が行動履歴から濃厚接触者の特定を行っているが、球団の調べではNPBのガイドラインに抵触する濃厚接触者はいないという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス