文字サイズ

ヤクルト打線どーした…2安打沈黙 石川見殺しの5敗目…今季初勝利ならず

 「中日3-0ヤクルト」(22日、ナゴヤドーム)

 高津ヤクルトが、ナゴヤドームで勝てない。連敗以上に重苦しいのが、無援に泣いた石川の5敗目。打線の奮起なく、開幕からまだ勝てないでいる。

 9度目の挑戦だった。今季1勝目に向かって、懸命に試合を作ったが…。投打がなかなかかみ合わない。打線が2安打と沈黙し、この日は相手のエース・大野雄に投げ負けた。

 昨夜12安打の猛攻を受けた中日打線を相手に、三回まではパーフェクト投球。四回にアルモンテに先制弾を被弾し、五回には平田の適時打で追加点を与えた。それでも6回4安打2失点。打線の援護を信じて、最少失点で切り抜けた。

 開幕戦の再戦となったが、ヤクルト打線は反撃の糸口さえ見つけることができなかった。五回まで山田哲&西田の2安打に封じ込められると、三回の山田哲の空振り三振から6者連続三振。三振地獄を止めたのは、五回に遊ゴロに倒れた石川だった。

 その後の六回からも浜田、青木が三振に倒れ、これで先発出場メンバーが全員三振を喫した形に。手も足も出なかった打線が、大野雄の完封劇を後押しし、今季初勝利を目指した石川を見殺しにした。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス