文字サイズ

ヤクルト・高津監督「勝ちにいって点を取られたわけなので」清水、石山をねぎらう

 「ヤクルト2-3広島」(19日、神宮球場)

 連勝は「3」で止まり、痛恨の逆転負けを喫した高津ヤクルト。悔しい敗戦にはなったが、試合後の高津監督は打たれた投手2人をねぎらった。

 坂口の2ランで逆転に成功し、六回を梅野、七回をマクガフでつないだ。それでも八回に清水が堂林に同点弾を被弾し、九回の広島中軸を守護神・石山が無失点に抑えたが、延長十回に大盛に決勝点となる適時内野安打を許した。

 試合後の高津監督は今季2敗目を喫した石山について、「ちょっと最後は浮いてしまったかな」と切り出した。それでも「神経を使ってあそこまでいった、難しいところ」とし、「清水にしても、石山にしても勝ちにいって点を取られたわけなので、次また頑張ってほしい」と背中を押した。

 これまで幾度となくチームを救ってきた2人だ。切り替えて次戦へ。指揮官が悔しさを押し殺し、前を向いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス