文字サイズ

ヤクルトが電光石火の6連打で一挙5点 山田哲が逆転の9号2ラン

 5回、左越えに勝ち越し2ランを放つ山田哲(撮影・西岡正)
 5回、左越えに勝ち越し2ランを放ち、ドヤ顔で三塁をまわる山田哲(撮影・西岡正)
 5回、左越えに勝ち越し2ランを放つち、飛び上がって打球の行方を見つめる山田哲(撮影・西岡正)
3枚

 「ヤクルト-広島」(18日、神宮球場)

 流れが行き来する中で、ヤクルト打線が一気に床田を捉えた。青木が反撃の口火を切ると、山田哲の出場5試合ぶりの一発がGO砲に変わった。

 先制し、追いつかれ、なおも勝ち越したが、強力広島打線を前に逆転を許した。苦しむスアレスを救う大きな援護点。1死走者なしからの5連打で、床田をマウンドから引きずり下ろした。

 1点を追う五回だ。まずは青木が右前へとはじき返すと、山田哲が「ファーストストライクから積極的に打ちにいく意識で打席に入りました」と初球の直球を捉える。白球を左翼席に運び、9号2ランで一気に逆転に成功した。

 さらに続く村上が中堅頭上を破るフェンス直撃の当たりを放つと、快足を飛ばしながら好判断。一気に二塁を蹴り、三塁打にすると、西浦が「食らいついて」とバットを折りながらも左前適時打で続くと、坂口も右前打で流れをつないだ。

 ここで佐々岡監督は床田を諦め、菊池保にスイッチ。それでも暴投でチャンスを広げると、エスコバーが2点適時中前打でさらに追加点を奪った。

 3連勝を狙う高津ヤクルトだ。電光石火の6連打、打者10人の猛攻で一挙5得点。前回敵地で2敗1分とやられていた広島相手に、打線がつながりを見せた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス