文字サイズ

首位独走の巨人、9月前半戦で貯金9…菅野、戸郷、サンチェスら先発が支える接戦力

 セ・リーグのうち4チームで当初は13連戦が組まれていた9月の前半戦が終わった。悪天候による試合中止が入ったため、実際に13連戦をしたチームはなかったが、終わって見れば巨人の一人勝ちとなった。

 9月1日の試合が始まる前の時点で、首位・巨人と各チームのゲーム差は以下の通りだった。(数字は順位)

(2)DeNA5・5

(3)阪神  6・5

(4)中日  9・5

(5)広島  10

(6)ヤクルト10・5

 それが9月13日の試合を終えて、以下のように広がった。

(2)阪神  9・5

(3)DeNA11

(4)中日  13・5

(5)広島  16・5

(6)ヤクルト18・5

 巨人は12試合で10勝1敗1分け。10勝のうち、1点差が5つ、2点差が3つ。打線が爆発して大差がついたものが2つ。唯一喫した4日の阪神戦も0-5から1点差まで追い上げていたが、とにかく接戦に持ち込み、そして勝ち切る力がリーグで群を抜いている。

 巨人先発陣がとにかく安定していたことも一因だろう。12試合のうちハイクオリティースタート(7回自責2以内)は5試合あった。クオリティースタート(6回自責3以内)も3試合と、合計8試合を占める。この8試合の成績は7勝1分けだ。

 これ以外の4試合も、最も失点が多かったのが敗れた4日の阪神戦で先発した戸郷で5回2/3を5失点。試合を完全に壊してしまうケースはなく、全員が5回は投げ終えた。

 必然的にリリーフの浪費は避けられ、必要な時にコンディションのよい投手を注ぎ込める。そして、それが競り合いを勝ち切る力につながる…こうした好循環が考えられる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス