文字サイズ

中日・大野雄 3試合連続完封逃すも意地の6連続完投

 「中日0-2巨人」(8日、ナゴヤドーム)

 完投をたたえる拍手に応えながら、中日・大野雄は28イニングぶりに喫した失点の重みをかみしめていた。球団記録に並ぶ3試合連続完封を逃したことへの感情ではない。菅野との投げ合い。1点勝負を覚悟していたからこそ、自らに敗因を求めた。

 「僕が先制点を取られてしまったのが負けた原因でしょう」

 勝負の分かれ目は三回2死二塁で坂本の場面。2ボールから「直球系だと長打を食らうかな」と選択した外角のフォークをうまく拾われた。左翼フェンス直撃の適時二塁打。相手が上手だった。

 「火曜日に1イニングでも1アウトでも投げられる投手がいれば助かるし、そういう意味では最後まで投げられたことがチームにとってプラスになれば」。6試合連続で9イニングを投げきった。言葉の裏には、それでも勝利に導けなかった悔しさがにじんだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス