文字サイズ

日本ハム・栗山監督600勝お預け 1イニング3被弾、守乱「誰が悪いとかない」

7回、投手交代を告げベンチに戻る日本ハム・栗山英樹監督(左)=ZOZOマリンスタジアム(撮影・高石航平)
2枚

 「ロッテ8-6日本ハム」(13日、ZOZOマリンスタジアム)

 日本ハム・栗山英樹監督(59)は痛恨の逆転負けで、監督通算600勝はお預けとなった。試合後、栗山監督「全て、一生懸命やります。誰が悪いとかない、こっちが悪い」と話した。

 節目の600勝まであと1勝としている栗山監督。日本ハムは1点を追う三回1死満塁から渡辺がセンター前に逆転の2点適時打を放つと、五回に横尾の2号3ランでリードを広げた。

 しかし先発の河野がさえない。五回に田村、福田秀、マーティンと3本のソロ本塁打を被弾。2番手・井口に交代した六回に同点に追いつかれると、七回には4番手・金子を送り込む。

 ここで守備にほころびが出る。先頭のマーティンの打球を一塁・清宮が後逸。1死後、井上の三塁強襲打を横尾が止めきれず、一、三塁とピンチは続く。ここで清田を三ゴロに仕留めたかに思えたが、三塁・横尾が二塁へ悪送球。守備の乱れで勝ち越しを許すと、2死満塁から代打佐藤に勝負を決める2点適時打を打たれた。

 球団歴代1位は大沢啓二氏の631勝(大沢氏はロッテで94勝あり、監督通算勝利数は725勝)。栗山監督が2位につけている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス