文字サイズ

巨人・岡本が同点タイムリー 坂本が安打でチャンスメーク

5回、中前適時打を放つ岡本(撮影・西岡正)
2枚

 「巨人-ヤクルト」(13日、東京ドーム)

 巨人が五回、岡本のタイムリーで同点に追いついた。

 四回、丸、中島の2者連続弾で1点差とした後の五回、2死三塁で岡本が打席へ。ヤクルトの先発・高梨に対し、力強い打球ではなかったもののしぶとく中前に落とし、三走が生還した。

 坂本はこの日も得点につながる安打を放ち、丸は15日ぶりの本塁打。1番に坂本、6番に丸を置く新打線がこの日も機能している。

 一方のヤクルトは拙攻が連続した。

 初回から一挙3得点を奪う勢いのある攻撃を見せたが、その後はあと1本が出ていない。二回から五回まで、いずれも得点圏に走者を進めたものの無得点に終わった。中盤での追加点を奪うことができずにいるうちに、高梨が四回に2者連続本塁打、五回に岡本に同点適時打を許し、試合を振り出しに戻された。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス