文字サイズ

サヨナラ負けの智弁学園・西村、高橋との投げ合いに「最後の最後まで…」

サヨナラ負けし悔しそうな表情の智弁学園・西村(右から2人目)=撮影・山口登
2枚

 「高校野球交流試合、智弁学園3-4中京大中京」(12日、甲子園球場)

 大会屈指の右腕・高橋宏斗投手を相手に一歩も引かなかった智弁ナインは、ミスが絡んでの敗戦に試合終了後は泣き崩れた。

 最後まで投げ切った2年生の西村王雅投手は試合後のテレビインタビューで「まだまだ勝てないので、勝てるピッチャーになりたい」とキッパリ。失点には自身のミスも絡んだだけに悔しさもひとしおだ。

 高橋との投げ合いについては「最後の最後まで投げ合いたいと思って、最後まで投げました」とキッパリ。あと一歩及ばなかったがまだ2年生。「もっと自分が練習して、もっといいピッチャーになって帰ってきたい」と誓っていた。

 智弁学園・小坂将商監督も西村について「立ち上がりが少し悪かったが尻上がりに自分のペースになり三回からものすごくいいピッチングになった。まだ2年生、これから生かしてほしい」と語っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス