文字サイズ

巨人 8人マシンガン継投で執念のドロー “増田大効果”温存した投手惜しみなく投入

 「中日2-2巨人」(9日、ナゴヤドーム)

 巨人は延長十回、最後は田中豊が根尾を空振り三振に仕留め、引き分けに持ち込んだ。中継ぎの宮国を3年ぶりに先発させ「オープナー」で臨んだ試合で、球団タイ記録となる計8投手を登板させての執念ドロー。原監督は「よく我慢してた。2点でね。よう我慢できた」とブルペン陣をたたえた。

 初回に宮国が2失点を許したが、2番手以降は無失点リレー。五回2死一、三塁では鍵谷の後を受けた左キラー・大江が高橋を二ゴロに抑えるなど、適材適所のリレーでしのぐ。宮本投手チーフコーチは「今日は何とかやりくりをしっかりやろうと監督からも言われていた。企業の人事部にいた感じだった」と振り返った。

 6日の阪神戦。0対11で野手の増田大を登板させ、物議を醸したが、“増田大効果”がこの日の結果に表れたとも言える。6日に登板のなかった中川、大竹、鍵谷、大江の4投手はこの日、無失点に抑えた。原監督は「リリーフの人があの場面でいったら大変だよ」と話していたが、温存できた救援陣がこの日、万全な状態で結果を残した。

 打線は5試合連続5安打以下で2点しか奪えず。不振は深刻だが、リリーフ陣の踏ん張りが実り、今季初の同一カード3連敗、同2度目の4連敗を阻止した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス