文字サイズ

愛媛は松山聖陵が優勝 昨夏決勝で敗れた宇和島東にリベンジ

7連続三振の快投を見せた松山聖陵・平安山陽
3枚

 「高校野球愛媛大会・決勝、松山聖陵13-5宇和島東」(9日、坊っちゃんスタジアム)

 松山聖陵が愛媛県の頂点に立った。

 エースの平安山陽投手(3年)が圧巻の三振ショーを繰り広げた。先発の高松亨有投手(りょう、3年)の後を継いで、七回1死二、三塁でマウンドに上がった平安山。左飛、三振で危機を切り抜けると、そこから怒とうの7連続三振。最後のバッターも「最後は三振を取って終わりたかった。力入れました」と、こん身のスライダーで有終の美を飾った。

 昨年の決勝の相手も同じ宇和島東。1年前も先発し、打ち込まれていた平安山は「1年間悔しい思いを持ってやってきた」と、この試合にかけた思いを語った。岸田明翔捕手(3年)も「やり返せました」と、笑顔で勝利を喜んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス