文字サイズ

ロッテの対オリックス開幕連勝は7でストップ 失策から失点、監督は「引き締めて」

 「オリックス3-1ロッテ」(6日、京セラドーム大阪)

 ロッテは打線が精彩を欠き対オリックス戦の開幕連勝は7(1分け挟む)で止まった。

 山崎福に翻弄(ほんろう)され6回を無得点。一回1死一、三塁の先制機で4番・安田が凡退するなど得点を奪えなかったことも響いた。井口監督は「初回に1点でも取れたら流れがいっていた。相手が乗ってしまった」と嘆いた。

 守備のミスも響いた。1点ビハインドの五回。2死一、二塁で伏見に右前打を打たれ、2失点目。さらに打球を処理した右翼手のマーティンが悪送球し、ボールはファウルゾーンを転々。この失策で3失点目を喫した。指揮官は「3点目も無駄な1点。ああいうので、チームがなかなか乗っていけない。引き締めてあした頑張っていきたい」と厳しい表情を浮かべた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス