文字サイズ

ヤクルト、4連敗でストップ 井野がプロ初の三塁打、広岡が決勝犠飛

 「ヤクルト9-5広島」(6日、神宮球場)

 高津ヤクルトが連敗を「4」でストップ。追いすがる広島を、再び振り切り、3位を死守した。

 序盤から先発K・ジョンソンを打ち、攻め続けた。主将・青木の先制打から始まり、3回7安打5失点でKO。ここ直近の試合は打線が湿りがちだったが、今季初の6番・西田が2点適時二塁打を放つなどし、この苦境をチーム一丸となって突破した。

 先発の高橋が3被弾を食らうなど、制球にも苦しんだ5回5安打4失点で降板。1点のリードで勝利投手の権利を持ったままの降板となったが、マクガフが追いつかれ、試合は終盤戦にもつれ込んだ。

 それでも七回だ。先頭の井野がプロ初の三塁打を放てば、広岡が決勝打となる犠飛を放った。さらに坂口が3安打猛打賞と結果を残せば、塩見も2打数2安打と復調気配を見せた。打線は13安打と勢いを取り戻し、チーム一丸となって連敗ストップ。マクガフが3勝目となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス