文字サイズ

奈良は天理が優勝 決勝前に涙の円陣 下林主将「全て出し切った」中村監督も涙

優勝を決め、マウンドに集まる天理ナイン(撮影・永井優花)
3枚

 「高校野球奈良大会・決勝戦、天理6-4奈良大付」(6日、佐藤薬品スタジアム)

昨秋近畿王者の天理が奈良大付を6-4で下し、優勝を決めた。

 決勝戦というにふさわしい死闘だった。「ようやった!」試合終了後、中村良二監督がナインに向かって声を掛けると、「よっしゃあ!ナイスゲームや!」と選手たちは喜びを爆発させた。

 初回、奈良大付に1点を先制され、その裏にすぐさま逆転に成功。再び2-2の同点とされて迎えた二回裏だった。7番・田中輝希内野手の中前打と、8番・田中勝大外野手(ともに3年)の適時二塁打で1点を勝ち越し、なおも続く1死三塁の場面で「とにかくチームのために打とうと思った」と主将・下林源太内野手(3年)が、低めの変化球をうまくすくい上げ、センターへの2ランを放った。

 その後も、取って取られてを繰り返し、一瞬たりとも気の抜けない展開だったが、最後は2番手で登板したエース・庭野夢叶投手(3年)が2点差を守り抜き、試合を締めた。

 試合後、中村監督は「自分が優勝したときよりうれしいです。目指してきた甲子園が中止になっての今日ですから…。それを“優勝”という形で終わらせた3年生たちは本当に強い」と涙ながらにナインをたたえた。

 コロナ禍により、バラバラになりそうだったチームをここまで引っ張ってきた下林主将は、「この1試合を死ぬ気でやろうと言っていた。今までで一番、全てを出し切った満足のいく1試合でした」と充実感をにじませた。

 決勝前には、中村監督から「目をつぶってこれまで苦しかったことを思い出してみろ」と言われ、全員で泣きながら円陣を組んだという。それほどまでに強い思いで挑んだ今大会を、最高の形で終えることができた。

 11日には、3年生最後の試合となる甲子園交流試合(対広島新庄)を控えているが「奈良1位のプライドを持って、ラスト1試合に全力を出したい」と力を込めた下林。天理の夏は、まだ終わらない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス