文字サイズ

早実・清宮福太郎は内野安打1本のみ 国士舘に敗れる

2回早実無死 空振り三振に倒れた早実・清宮福太郎=ダイワハウススタジアム八王子(撮影・伊藤笙子)
3回国士舘2死二塁 国士舘・齋藤の左前安打で、バックホームをする早実・清宮福太郎=ダイワハウススタジアム八王子(撮影・伊藤笙子)
息子・福太郎の応援に駆けつけた清宮克幸氏=ダイワハウススタジアム八王子(撮影・伊藤笙子)
3枚

 「高校野球西東京大会・準々決勝、国士舘4-1早実」(3日、ダイワハウススタジアム八王子)

 ノーシードで出場した早実は昨秋王者の国士舘に屈し、準々決勝で姿を消した。日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟である福太郎外野手(2年)は三塁への内野安打1本のみ。調布シニアの先輩である国士舘エース・中西健登投手(3年)の外角一辺倒の配球に苦しんだ。

 和泉実監督は「まだまだ。自分のスイングが何もできていません」と評しつつ、2年生ながら4番を務めたスラッガーについて新チームでの奮起を期待した。昨秋は部内の不祥事で大会を辞退。コロナ禍で春の東京大会も中止になり、現チームにとっては最初で最後の公式戦で8強入りと奮闘したナインを「大したものだと思います」と称えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス