文字サイズ

オリックスの19歳“孝行息子”太田椋が2試合連続本塁打

 3回、同点となるソロを放ち生還する太田(撮影・神子素慎一)
 3回、左越えに同点となるソロを放つ太田(撮影・神子素慎一)
 3回、左越えに同点となるソロを放ち一塁へ駆けだす太田(撮影・神子素慎一)
3枚

 「オリックス-ソフトバンク」(17日、京セラドーム大阪)

 オリックスの19歳・太田椋が2試合連続の一発を放った。

 八番サードで先発出場。1点を追う三回の第1打席で、ソフトバンク先発・東浜の1ボールからの変化球を振り抜き、左翼スタンドに運ぶ2号ソロで同点に追いついた。

 「打ったのはスライダーです。昨日と同じように思い切っていこうと打席に入っていました。(打った感触は)いってくれると思いました!同点に追いつけてよかったですし、昨日のようにここから波に乗って逆転できるように頑張ります!」

 太田は16日のソフトバンク戦(京セラ)でも三回にバックスクリーンに同点本塁打を放った。これがプロ初安打で、21世紀生まれの選手による初めての本塁打だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス