文字サイズ

日本ハム・公文 デビューからの無敗試合記録182で止まる「自分のミスで…」

 8回、ロドリゲスの適時打で生還する後藤。左は打たれた公文(撮影・高部洋祐)
2枚

 「オリックス5-3日本ハム」(11日、京セラドーム大阪)

 日本ハムの公文克彦投手は、デビューからの連続無敗記録が182試合で途切れた。

 同点の八回に6番手としてマウンドにあがった。代打・先頭の山足に左前打を許すと、大城に送りバント、宗の内野安打などで1死二、三塁のピンチを招いた。3番・吉田正はボテボテの投手への当たりだったが、ボールの持ち替えが一瞬遅れ、ホームに返球するもタッチが間に合わず。三走の山足が生還し、勝ち越しを許した。

 その後2死満塁でもロドリゲスに初球の145キロを中前に運ばれ、失点。次打者を迎えたところで降板した。

 プロ野球記録がついに止まり、自身にとって8年目でプロ初黒星。公文は「同点の場面から自分のミスで点を取られた。記録は、それほど意識はしていなかった。また明日から切り替えていきます」と前を向いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス