文字サイズ

巨人が今季初の連敗 虎キラー・メルセデスがまさかの被弾、打線もわずか3安打

 「阪神2-1巨人」(9日、甲子園球場)

 巨人は九回の反撃も及ばず、1点差で惜敗した。本拠地での開幕カードでは3連勝と圧倒した宿敵阪神相手に敵地で初黒星。原監督は「結果的になかなか出なかったというところですね。こういう形になるケースもありますね」と渋面で振り返った。

 坂本が左脇腹の違和感により欠場。影響したのか打線はわずか3安打に終わった。チャンスをもらいながらもあと1本が出なかった。四回まで毎回得点圏に走者を進めながらも先制点を奪えず。すると、しびれを切らしたメルセデスは七回、高めに甘く入ったスライダーをボーアに右中間席へ運ばれる決勝被弾。これまで4勝無敗だった虎キラーの阪神戦初黒星に宮本投手チーフコーチは「今まで見た中で一番いいピッチングだった。勝ちをつけてやりたかった」と必死にかばった。

 今季初の連敗となったが、10日からは原監督が待ち焦がれていた有観客試合が始まる。「非常に楽しみ。いいコンディションでやれれば一番いいですね」。G党の前で仕切り直しだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス