文字サイズ

中日の守護神・岡田がまさかの大乱調 10回に敬遠含む4四球で押し出し

 中日・岡田俊哉
2枚

 「中日1-2ヤクルト」(7日、ナゴヤドーム)

 中日の守護神・岡田が、まさかの大乱調で失点した。

 1-1で延長に突入した十回から登板。先頭青木に四球を与えると、村上は空振り三振に仕留めたが、代走・上田に二盗を決められて得点圏に走者を背負った。

 西浦は申告敬遠で歩かせたが、山崎は三振で2死一、二塁。ここから広岡に四球を与えて満塁とすると、井野にも連続四球を与えて押し出しで勝ち越し点を献上した。

 岡田は今季、この試合前まで6試合の登板で与四球0。防御率1・50だった。このイニングを終えると雄たけびをあげ、いら立ちを隠せなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス