文字サイズ

巨人・原監督、連勝止まり「ここ一本というものが出なかったということ」

9回、見逃し三振に倒れ天を見上げる巨人・坂本勇人(右)=東京ドーム(撮影・高石航平)
3枚

 「巨人4-6中日」(5日、東京ドーム)

 終盤の追い上げも及ばず、巨人の連勝は「3」でストップ。原辰徳監督は「ここ一本というものが出なかったということ。粘り強く戦いましたけど」と唇をかみしめ、前を向いた。

 開幕から2戦2勝の先発・サンチェスが三回途中6安打3失点でKO。「ズルズルいきたくなかった」と早期交代に踏み切ったが、中継ぎ陣が五回と九回に追加点を献上した。

 1点ビハインドの九回にマウンドに上がった守護神・デラロサは、先頭のビシエドに一発を浴びた直後に緊急降板。上半身のコンデション不良を訴え、大事を取って交代した。

 投手陣が精彩を欠く一方、好調の打線は三回に丸が左翼線へ反撃の2点適時二塁打。六回には中島が左翼席に意地の2号ソロを放った。右肘の死球で欠場していた亀井も八回に代打で登場し、遊撃適時内野安打を放った。

 7日・阪神戦(甲子園)から6カード連続でビジターでの戦いとなる。指揮官は開幕後初めて遠征に出ることも踏まえて「ユニホームを脱いで世の中に出る時はきちっと対策というか。一国民としてそれ(新型コロナウイルス)と戦うということですね」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス