文字サイズ

ヤクルト・高津監督「勝ちにつなげないといけなかった」今永から4得点も敗戦

 4回、投手交代を告げベンチへ戻る高津監督(撮影・開出牧)
3枚

 「ヤクルト4-5DeNA」(3日、神宮球場)

 連勝の勢いが、大粒の雨の中で消えていった。粘りの継投も、あと一歩届かない。遠く、重たい1点。高津ヤクルトが、接戦を制することができなかった。

 試合後の高津監督は「いい投手から3回で4点をとったわけですから」と切り出し、「勝負事なのでやられることもあるんですけど、今日みたいな展開になれば主導権を握って、勝ちにつなげないといけなかった」と話した。

 初白星はまたもお預けとなった。先発の石川が4回持たずの5失点で無念の途中降板に。粘りの投球も、三回から一気に崩れ落ちた。無死満塁で、オースティンの打ち取ったかに思えた打球が二塁ベース後方に落ちるポテンヒット。不運な形で1点を失うと、その後2者連続適時打などでこの回4失点を喫した。

 さらに同点に追いついた四回。またしても安打と四球で1死一、二塁とされ、今度は佐野に勝ち越し打を献上した。毎回、先頭打者の出塁を許す苦しい投球に。3回1/3を投げ9安打5失点。厳しいところを攻め続けた4四球の代償は、早期降板へとつながった。

 それでも「諦めない」姿勢を貫いた。リリーフ陣が粘りの投球を見せる。近藤が石川の残したピンチを摘むなど、1回2/3を無失点に抑えると、さらに長谷川-清水-寺島が無失点リレーで「0」を並べた。九回まで勝利への希望を持たせ続けた中継ぎ陣に、指揮官は「よく踏ん張ってくれた。リリーフ陣を褒めてあげたい」と目尻を下げた。

 打線も山崎が2打席連続適時打を放つなど、3打点のスタメン起用に応える働きを見せる。それでもこの日は1番・坂口が出塁できず、2番・山田哲も3三振。本来の力を発揮できなかった。1点が遠く、投手陣の粘りむなしく、接戦を落とした。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス