文字サイズ

ヤクルトクリーンアップが全出塁、DeNA今永を攻略

 1回、先制の右前2点適時打を放つ山崎(撮影・開出牧)
3枚

 「ヤクルト-DeNA」(3日、神宮球場)

 ヤクルトクリーンアップが、好投手・今永に襲いかかる。三回まで3人は全打席で出塁。ボールを見極め、走者を返す。ここまで2試合で2失点しかしていないDeNA左腕から4点をもぎ取った。

 まずは初回。簡単に2死となったが、3番・青木が昨季からの好相性を見せる。左中間フェンス直撃の二塁打でチャンスメークすると、村上と西浦は四球で続いた。この満塁機で勝負強さを見せたのは、6番・山崎だった。2点適時打で先制に成功。打率4割を超える好調男が、クリーンアップの作った好機にバットで応えた。

 逆転されて2-4で迎えた三回。またしても1死走者なしから、青木&村上がそれぞれ四球を選び、まずは出塁。今永にプレッシャーをかけると、ここで2戦3発の5番・西浦があと数センチで本塁打の大きな当たりを放つ。フェンス直撃の適時二塁打で、今季10打点目を刻んだ。なおも二、三塁で、またしても山崎が左翼線上に乗せる適時打で同点。村上の言う「ヤクルトは諦めない」姿勢で、試合を振り出しに戻した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス