文字サイズ

ヤクルト、西浦が2度の同点弾 神がかり的2戦3発大当たり

7回、同点ソロを放ち、ナインとエアタッチをするヤクルト・西浦(撮影・西岡正)
3枚

 「ヤクルト-広島」(2日、神宮球場)

 絶好調男は止まらない。ヤクルトの西浦直亨内野手(29)が、昨夜放った逆転2ランに続き、今夜は一時同点となる2ラン。そして勝ち越されて迎えた七回に、再び同点に引き戻す一発。勝負強さが際だった。

 この日最初の見せ場は四回だった。まずは先頭の青木が三塁打で出塁すると、4番村上も適時二塁打で続いた。無死二塁で、点差は2点。この局面で西浦に打席が回った。

 「いい流れで打席が回ってきたので、甘い球は思い切って打ちにいこうと決めていました」

 有言実行の一撃となった。迎えた3球目、甘めに浮いたスライダーを見逃さない。「最高の形になりました」と左中間席へと運び、一時同点となる2ランを放った。

 六回に広島に1点を勝ち越され、迎えた七回だった。誰も西浦を止められない。2死走者なしで回った第4打席だった。マウンドのフランスアも一発警戒で、ボール先行に。カウント3-1からの5球目の152キロはフルスイングで応戦。そしてフルカウントで迎えた6球目だった。捉えた打球は左翼席へとズドン。またしても西浦の一振りで、試合を振り出しに戻した。

 これで西浦は山田哲に並ぶチームトップタイの4本塁打を記録。さらに9打点の活躍だ。6月25日の阪神戦では劇勝となったサヨナラ逆転3ランを放ち、1日の広島戦では逆転2ラン。さらにこの日の2発はいずれも同点弾だ。今季放った5安打はいずれも打点を記録しており、さらに5安打中4本塁打と止まらない。ヒットを放てば本塁打状態の男は、チームに勝利を運ぶ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス