文字サイズ

ヤクルト・西浦、固め打ちで定位置奪取猛アピール

 「練習試合、ヤクルト3-5中日」(3日、神宮球場)

 定位置奪取へ猛アピールだ。「3番・遊撃」で先発出場したヤクルト・西浦が、初回の第1打席から4打席連続安打の固め打ち。若手主体の打線で存在感を示した。

 先頭の3回には中日先発・小笠原から豪快なソロ。初球の141キロを左翼スタンド中段に運び、「しっかりと自分のスイングができた。一発で仕留めることができてよかった」とコメントした。

 遊撃のレギュラーを不動のものにしたかった昨季は、左肘骨折などで2度の長期離脱。オフにはメジャーでレギュラーを張った名手・エスコバーがライバルとして加わった。

 それだけに「立場的にしっかりアピールして開幕のポジションを取りにいかないといけない。とにかくいい準備をして勝利に貢献できるようにするだけ」と力を込めた西浦。レギュラー定着へ、巻き返しを目指す7年目は静かに闘志を燃やしている。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス