文字サイズ

巨人サンチェス 小林、岸田を相手に安打性わずか1本「いいと思います」

打撃練習に登板する巨人 エンジェル・サンチェス=沖縄セルラースタジアム那覇(撮影・高石航平)
2枚

 「巨人春季キャンプ」(21日、那覇)

 新外国人のエンジェル・サンチェス投手が今キャンプ3度目のフリー打撃に登板し、安打性1本に封じた。小林、岸田を相手に24球。前回は投げなかったカットボールを解禁し、「いいと思います。少しずつ時間をかけていけば」と上々の感触をつかんだ。

 低めにボールを集めてゴロを打たせるスタイルが信条で、カットボールもカギとなる球種だ。コーチからも助言を受けながら、握りなどを改良中。「ストライクゾーンで勝負するというところは自分の持ち味なので。そこを変えるつもりはない」とブレない姿勢を貫く。

 実戦デビューは24日の広島とのオープン戦(沖縄セルラースタジアム那覇)と予定されている。エースの菅野とともにローテの2本柱として期待の大きい新助っ人は、「その日のいい球を中心に組み立てていく」とベストピッチを誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス