文字サイズ

オリックス「AJレーザー」披露 メジャーでGG賞4度「スローイングは自信がある」

 「オリックス春季キャンプ」(20日、宮崎)

 オリックスの新外国人アダム・ジョーンズ外野手(34)=前ダイヤモンドバックス=がゲーム形式のノックで右翼の守備に初めて就き、強肩を披露した。

 無死二塁の想定。定位置より後方の飛球をチャージしながら捕球すると三塁へ好送球。ルーキー勝俣をアウトにすると、ナインからの拍手に人さし指、小指、親指を立てるポーズで応えてみせた。

 「スローイングは自信がある。(走者が)走ってくれれば自分のベストの送球をしていくだけ。ただ、肩はまだ60、70%の仕上がり。開幕まで1カ月ある。まだまだ上がってくるよ」

 オリオールズ時代にゴールドグラブ賞に4度輝いた外野守備。練習であってもバックアップなどを怠らない。基本に忠実なプレーを続ける助っ人に西村監督も「守りもいけるんじゃないですか。これまでも動きはいいものを見せてくれていた」と高く評価した。

 21日の紅白戦で守備に就き、23日のソフトバンクとのオープン戦では初めて対外試合にも出場予定。徐々にペースを上げてきた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス