文字サイズ

巨人・中島 1号放った!年俸87%減…背水シーズンで“本気の覚悟”

 「オープン戦、巨人1-4DeNA」(16日、沖縄セルラースタジアム那覇)

 手応え十分の鋭い打球が左翼席で弾んだ。「7番・一塁」でスタメン出場した巨人・中島がオープン戦1号を放ち、一塁の定位置獲りへ猛アピールした。

 五回だ。浜矢の低め143キロ直球をフルスイング。打球は快音を響かせ、フェンスを越えた。ベンチへ戻ると笑みを浮かべ、原監督とタッチをかわした。「いい感触だったね。どんどんアピールしていかないといけないからね」。安ど感をにじませた。

 背水の覚悟で臨む、日米通算プロ20年目のシーズンだ。昨年は43試合の出場にとどまり、打率・148、1本塁打。契約更改交渉では減額制限を大幅に超える87%減(1億3000万減)の2000万円で更改した。それでも「契約をしていただいてありがたい」と現状を受け入れ、今キャンプはハードメニューをこなす。若手とともに早出、居残り特守のノックを行う元木ヘッドコーチは「動きがいいんだよね。体のキレがいいし(オフに)しっかりやってきたのが分かる」と、今年の活躍を期待する。

 原監督は「らしいバッティングを久々に見た。いいスタートを切った」と高く評価。陽岱鋼、モタらとの一塁争いについても「競争は非常に激化しているということでしょう」とベテランの参戦を喜んだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス