文字サイズ

ヤクルト 緊急帰京の村上2軍合流へ けが人続出で開幕戦に暗雲

 「ヤクルト春季キャンプ」(13日、浦添)

 ヤクルトが危機に直面した。緊急帰京していた村上が14日に2軍西都キャンプへ合流することが決まり、荒木と大下もコンディショニング不良で2軍へ。高津臣吾監督(51)は「もともと人数も少ないし、気は使っていたんだけど…」と頭を抱えた。

 特に飛躍が期待された昨季の新人王は「軽傷なら沖縄へ戻す」方針だった。だが診断結果を踏まえ予定を変更。阪神と戦う3月20日の開幕戦に向けても、暗雲が立ち込める。

 村上以外にも別メニュー調整を続けていた荒木と大下が2軍へ。新助っ人で遊撃のレギュラー候補だったエスコバーもチーム本隊を離れている。さらにこの日は、シート打撃で死球を受けた塩見も大事を取って15日は別メニュー調整となる見通しだ。

 今後は宮本と市川が1軍に合流する予定で「不慣れなポジションに就く可能性もあると思うけど、工夫しながら頑張っていきたい」と新指揮官。現状でベストの陣容を考え、初陣となる15日の楽天戦に臨む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス