文字サイズ

野村克也氏が死去 ライバルも続々と追悼 福本豊氏「野村語録もっと聞きたかった」

 プロ野球の南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也氏が死去したことが11日、分かった。84歳だった。

 野村克也氏の死去を受けて、かつては選手としてライバル関係にあった阪急OBの福本豊氏が臨時コーチを務めるオリックスのキャンプ地・宮崎で取材に応じた。

 「9時ぐらいに連絡をもらった。“えー!”ですよ。病気されていたとかも聞いてなかった。びっくりですね。去年、テレビ番組でお目に掛かったのが最後ですね。大先輩。まだ早い。野村語録をもっと聞きたかったですね」

 現役時代を振り返り、「いろいろ挑戦させてもらった。レベルの高いランナーにしてもらった。南海の投手にクイックとかさせて動けないようにした。こっちもクセを見たりいろいろ考えさせられた。レベル上げさせてもらいましたね。打席では若い頃は特に集中力散漫させられるひと言。あれにやられました。ひと言が効くんですよね」と懐かしんだ。

 野村氏が阪神監督時代には1年、コーチとして同じユニホームを着たことも。

 「私は外野手。野村さんは捕手出身。試合全体を広く見られる。自分とは違うと感じましたね」

 互いに評論家になってからは球場で顔を合わすたびに言葉を交わしたという。

 広島・佐々岡監督も追悼。「びっくりした。最後に会ったのは1月の金田さんのお別れ会の時。さみしいですね」と沈痛。現役時代は主戦として常勝ヤクルトに立ち向かったが、「野村さんといえばID野球。強くなったヤクルトにはいやらしい野球をやられた。ピッチャーとして投げていて嫌だった」と振り返った。続けて、「自分が監督になり、そういう野球を取り入れたいと思うのがあった。思い出はオールスターに選んでもらったときに監督。大魔神がいるなか、八回を大魔神、僕が九回を投げさせてもらった」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス