文字サイズ

白血病の北別府学氏、大先輩の回復を喜ぶ「嬉しい事が二つ」闘病経過も報告

 白血病で入院中の元広島投手の北別府学氏が7日、ブログを更新。元広島監督の山本浩二氏の回復を喜んだ。

 この日は病気療養中とされていた山本氏が、巨人の宮崎キャンプを訪問。「膀胱がん」と「肺がん」を患っていたことを明かした。北別府氏は「嬉しい事が二つ」のタイトルでブログを更新し、「山本浩二先輩の復活の報せ キャンプ視察が嬉しくてたまらないのでは無いでしょうか」とつづった。手術を経て、笑顔もみせた山本氏について「昨年、名球会の会合でお目にかかった際に、後一歩というくらいにお元気そうでしたからね」と振り返った。

 さらに、自身の闘病生活についても報告。「本日より無菌室に入る方向でしたが、思ったほどは白血球の数が減らず暫くこのままの状態で投薬治療などで数値を見ている経過観察中 年齢が若いほど 化学療法で白血球を減らそうとする作用に抵抗するらしいのですよ 先生から若いんですね~と褒めて頂きました」と、前向きにつづった。

 今後は骨髄移植も行う予定。「無菌室に入る事なく骨髄移植に入った例もあるとか それは50くらいの方らしいのですが、まあ、私は近いうちに無菌室行きでしょう いまだに吐き気も脱毛もありません。それでブログも更新できた次第です」と絵文字を付け、締めくくった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス