文字サイズ

ヤクルト・山田「どこでもやります」侍・稲葉監督に宣言

 「ヤクルト春季キャンプ」(4日、浦添)

 ヤクルトの山田哲人内野手(27)が“職人”への道を極めていく。本職である二塁に加え、プレミア12で起用された一塁。この日のノックでは三塁へ。視察に訪れた侍ジャパン・稲葉監督へ気合の宣言だ。

 「どこでもやります」-。

 打ち込み中心の第1クールが終わり、第2クールからは特守もスタートする予定。ユニホームを泥だらけにしながら、白球を追いかける。「足を使うことがメイン。一回刺激を入れるための土台作りです」と、まずは二塁で足元を固めていく。

 この日、稲葉監督からは「ファーストミットは残しておいてね」と言葉をかけられ、山田哲は「大切に保管しています」と無邪気に笑った。「目標はチームが勝つこと。東京五輪に出て金メダルを取ることの2つです」。日の丸への思いは強く、熱い。指揮官とのささやかな時間に、また思いは募った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス