文字サイズ

日本ハム・小笠原ヘッド著書出版イベントに登場 杉谷の質問拒否?ファン爆笑

 日本ハムの小笠原道大ヘッド兼打撃コーチ(46)が15日、東京都内で行われた自身の著書「二軍監督奮闘記」(ワニブックス刊)の出版イベントに出席した。

 日本一に貢献した06年以来、14年ぶりに古巣に復帰する今季。「一番は勝たなくちゃいけない」と力を込める一方、「これからの選手もいる。理想は育成しながら勝つ。若い子の土台を作る。長い目でも見て、サポートしていきたい」と抱負を語った。

 また司会者に杉谷拳士内野手の印象を聞かれると、「それはやめましょう。散々正月にテレビで見た」と質問を拒否。会場に訪れていたファンを爆笑させたが、続けて「昨年もスイッチでホームランを打った。秋季キャンプでもどろどろになりながらやっていた。大いに期待している。頑張って欲しい」と期待を込めた。

 選手には「勝つ、その中に泥臭さは必要。パフォーマンスありきじゃなくて、足元をしっかり見る。目の前のことをしっかりやっていて欲しい」とハッパをかけた。

 最後に、「携わったチームはみんな頑張って欲しい。ドラゴンズとジャイアンツどちらかと日本シリーズを戦えたらと思います」とかつて在籍したセ・リーグの2チームにもエールを送った。

 著書は中日2軍監督としての日々を初めて自らつづっている。19年にブレークした高橋周平や、根尾昂など注目選手のエピソードも満載の内容となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス