文字サイズ

オリックス・増井 守護神奪還へ!新スタイルで競争に勝つ!

 オリックス・増井浩俊投手(35)が13日、大阪市此花区の球団施設で自主トレを公開した。昨年は2軍落ちも経験した中「やり返すという気持ちで」と、今季はキャンプ中の実戦登板を視野に入れるなど、ニュースタイルで守護神奪還に挑む。

 「(キャンプ中の登板は)あるんじゃないかなと思ってます。全然、そこ(オープン戦初戦)までに仕上げようと思えば、仕上げられると思います」

 日本ハム時代を含め、実戦初登板はキャンプ終了後のオープン戦が多い中「競争していかないといけない立場」とオープン戦初戦となる2月23日のソフトバンク戦登板も描くのは危機感の表れ。同時に、投球のスタイルも新たな形を模索していく考えだ。

 「テクニック、配球、攻め方…。(昨年が)防御率4点台なので変えていかないと。一番は真っすぐとフォークを、自信を持って投げられるところに戻せればいいと思います」と増井。この日はネットピッチなどで調整。競争に勝ち抜けば、あと37セーブの通算200セーブも見えてくる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス