ヤクルト・川端が1億円の大幅ダウン 腰の状態上向かず「きつかった」

1億円ダウンで契約を更改したヤクルト・川端

 ヤクルト・川端慎吾内野手(32)が20日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億円減の4000万円でサインした。 関連ニュース かつてのヤクルト左腕エース スキルス性胃がんで余命 約1年と告白  4年契約最終年の今季は、37試合出場で打率・164。17年に手術した腰の状態も上向かず「きつかったですね」と振り返った。16年に打率3割をマークして以降の3年間は、コンディションとの戦いが続いている。

 今オフに入って、スイング改造にも着手。ダウン気味だった軌道を、レベルに近づく形に修正している。来季に向け「腰も何とかしないといけないし、打撃も変えていかないといけない」と川端。今季は本拠地・神宮で三塁守備には就けなかっただけに「何とか守りたい。守って野球がしたいですね」と目標の一つに挙げた。

2019/12/20

関連ニュース