文字サイズ

楽天・松井 今季セーブ王が来季から先発に!抑えと二刀流で五輪も目指す

 楽天・松井裕樹投手(24)が17日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億4000万増となる年俸2億5000万円プラス出来高払いでサイン。来年から4年契約を結び、先発に転向することも明かした。(金額は推定)

 今季38セーブを挙げ、球団史上初となる最多セーブ投手のタイトルを獲得した松井。その守護神が「来シーズンは先発をやります」と宣言する驚きの一言から会見は始まった。

 本格的な先発は新人だった14年以来、6年ぶり。球団との話し合いで決まったが、その理由を「体の負担のこともある。今の投球スタイルで何十年と投げ続ける想像ができなかった。どこかで先発に戻りたいというのもあった」と説明した。

 1月には例年通りヤンキース・田中と自主トレを行うが「田中さんに聞きたいことも多くなる」と先発の心得を学ぶつもりだ。さらに20年の東京五輪についても「先発でも結果を出して呼んでいただければ」と、先発も抑えもできる左腕として代表入りを目指す。

 早ければ2021年に国内FA、22年に海外FA権取得の条件を満たすが、球団の4年契約提示に「FAを取っても楽天でやってほしいという誠意を感じた」と松井。岸、則本昂を超えるエースとなるため、新たな挑戦に挑む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス