文字サイズ

ヤクルト・村上が463%増でサイン 小川を抜く昇給で「来年は本当に頑張らないと」

契約更改を終え、笑顔でポーズを取るヤクルト・村上宗隆=東京都港区の球団事務所(撮影・中田匡峻)
2枚

 ヤクルト・村上宗隆内野手(19)が16日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸800万円から3700万円増となる4500万円で契約を更改した(金額は推定)。

 今季は36本塁打、96打点の成績で新人王を獲得。本塁打と打点は、高卒2年目以内では歴代最多の数字を残した。

 463%のアップ率は、球団では13年・小川泰弘の367%アップ(1200万から5600万)を上回る昇給。「すごくいい評価をしていただいた。来年は本当に頑張らないといけないなと思いました。高い目標を持って優勝、日本一に貢献したい」と満面の笑みを浮かべた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス