文字サイズ

楽天・松井 スパイク改良で足固め 新相棒でフル回転だ

 楽天・松井裕樹投手(24)が6日、来季は新スパイクを試す考えを示した。大阪市内で開催された「ミズノブランドアンバサダーズミーティング」に参加。今季は自身初のセーブ王に輝いた左腕が、年間を通じて高いパフォーマンスを保つため足元を見つめ直す。

 まずは靴底の素材を革から樹脂に変更。「革だとぬれるなどして形が変わったりする」と松井。靴の変形を防ぎ、軽量化の効果もある。また、樹脂素材にすることで靴底の上部にミッドソールを用いることができ、下半身の負担軽減も可能だ。

 今季は自己最多の68試合に登板も「登板を重ねていく中で夏場に調子を落とした」と反省。チームの優勝と東京五輪での金メダルを目標とする来季へ、新相棒を得てフル回転の活躍を見せる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス