文字サイズ

巨人、最速167キロ右腕ビエイラと合意 米記者伝える

 巨人が元ホワイトソックスの最速167キロ右腕、チアゴ・ビエイラ投手(26)と合意したと2日(日本時間3日)、MLBネットワークのマーク・フェインサンド記者が自身のツイッターで伝えた。ホワイトソックスはこの日、同投手をリリースしたと発表した。

 ブラジル・サンパウロ出身のビエイラは、10年9月に17歳でマリナーズと契約。17年8月にメジャーデビューを果たし、同年オフにホワイトソックスへトレードされた。

 今季は3Aで抑えとして39試合に登板し、6勝4敗8セーブ、防御率5・70。47回1/3を投げて51奪三振、26四死球だった。メジャーでは6試合、1勝0敗、防御率9・00。7イニングで5四球、8奪三振、。

 メジャー3シーズンの通算成績は23試合、2勝1敗1セーブ、防御率7・36。マイナーでは224試合、20勝27敗、防御率4・77の成績を残した。

 188センチ、95キロの体格から投げ込む最速167キロ、平均157キロの速球が持ち味で、平均140キロのスライダー、同141キロのスプリットも操る。勝ちパターンのリリーフとして起用されることになりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス